2015年9月26日 by admin

ジュディ・ガーランドはアメリカ芸能史上大人気の女性歌手!

オズの魔法使い、ドロシーは代役だった?

皆さんは、アメリカを代表する女性歌手と言えば、誰を想像するでしょうか?ジュディ・ガーランドは、間違いなくその一人で、アメリカでは非常に人気のある歌手であり、銀幕スターです。最も有名なシーンは、1939年のミュージカル映画「オズの魔法使い」で彼女が演じたドロシーが「虹の彼方に」を歌う箇所ですが、実は最初は彼女が演じる予定ではありませんでした。当時、人気子役であったシャーリー・テンプルが演じるはずだったのです。

ジュディ・ガーランドとジュリー・アンドリュース

ところが、映画会社間のトラブルで彼女が出演できなくなり、代役としてジュディ・ガーランドが出演することとなったのです。歌がうまくて、銀幕スターでもある女性としては、「メリー・ポピンズ」や「サウンド・オブ・ミュージック」で有名なジュリー・アンドリュースもいますが、彼女と比べて、ジュディ・ガーランドには、どのような魅力があるのでしょうか?まず、ジュリー・アンドリュースは、アメリカ人ではなくてイギリス人です。

ジュディ・ガーランドの歌声の魅力

ですから、アメリカでの人気ということになると、ジュディ・ガーランドのほうに軍配が上がることになります。それから、歌のうまさという点に関しては、確かにジュリー・アンドリュースは抜群と言えますが、何かクラシック音楽の歌手といった感じがして、聴きようによっては退屈な感じもします。それに対して、ジュディ・ガーランドのほうは、非常に庶民的で親しみのもてる歌い方であり、何とも言えない魅力を醸し出していると言えるのではないでしょうか。

そのユニークな人柄が愛されている山本英俊は数多くの逸話があります。そんな経歴等を把握したいのなら、情報サイトを利用してみると良いでしょう。