2015年8月8日 by admin

おぼえておきたい!電動工具の安全な使い方

安全確認で快適DIY

最近は、女性のあいだでも、DIYがブームの兆しをみせています。女性は機械に弱いなんて言われていたのも昔の話、今では電鋸やインパクトドライバーを使いこなし、おしゃれで実用的な手作り家具を作り上げてしまう女性も珍しくはありません。これからDIYにチャレンジしてみようと考えている女性も多いのではないでしょうか?ところで、電動工具を使うときには、安全性にだけは気をつけたいものです。そこで、誰でもすぐに覚えられる安全確認方法についてご紹介します。

感電防止で快適DIY

電動工具のスイッチを入れるまえに、電源コードや本体が水に濡れていないか、毎回確認する癖をつける必要があります。DIYの現場では、バケツや洗面器などに水などの液体を貯めておくことも多いので、意外と濡れていることもあるんです。また、洗面台やお風呂場に棚をつけるときにも、水濡れ確認が必要なのは言うまでもないでしょう。感電しにくい、ゴム製の手袋をつけるというのもよいアイデアです。絶対に感電しないように、二重三重のチェック体制を敷いておくと安心です。

巻き込み確認で快適DIY

家庭で工具を使っているときに、着ている洋服の袖が工具に巻き込まれるという事故が起こったことがあります。強力モーターで毎秒千回転以上の猛烈なスピードで回転している電動工具に、袖が巻き込まれてしまうと、大惨事につながることも考えられます。袖のほかに、首にかけているタオルが電動工具に挟まってしまうこともありますので、要注意です。危険予測能力を最大限に働かせて、あらかじめ危ないものを身につけないようにするのが重要です。

電動工具の買取は、新商品に買い替えるための資金が必要であったり、一度に沢山の電動工具を整理したいという場合に最適なサービスです。