2015年6月18日 by admin

かかると大変!徹底して性病を予防しましょう!

自分の性に関する行動に気をつけましょう。

性病については言うまでもありませんが、その多くが性交渉によって相手から感染し、発症するものです。性病はいったんかかると自然治癒は難しく、通院で治療するしかありません。時には不妊を招いたり、命が危ぶまれる状況になったりもします。そうならないためにもまずは、不特定多数の人と性交渉をしない、性交渉の際はコンドームを使用する、普段から清潔を心がけるなど、自分ができる範囲での予防や対策を徹底して行いましょう。

性病について正しい知識を身につけましょう。

性病というと、どうしても不特定多数との性交渉がある人や風俗店などに行く人や風俗業界に携わる人がかかりやすいものだというイメージがあり、自分はそのようなことをしていないから大丈夫と思う人もいます。しかし、例え自分がそのような性に関する行動をしていなくても、自分のパートナーが性病に感染していれば自分も感染するリスクが大きくなります。決して人事とは思わずに、正しい知識を身につけて性病を予防していきましょう。

もし症状に気付いたら病院へ行こう。

自分が性病に関する正しい知識を身につけて、正しいと思われる予防法を徹底していたとしても、完全に性病を防ぎきれるわけではありません。もし、自分が性病ではないかと思われるような症状に気付いたら、すぐに泌尿器科や産婦人科にかかるようにしてください。治療開始が早ければ早いほど、簡単に治療が済み、後遺症が残ることもありません。そして、同時にパートナーも感染、発症していることも考えられます。パートナーにも一緒に受診してもらい、治療が必要ならしてもらいましょう。

性病にならないようにすることが何よりも大切です。ちゃんと避妊具を使ったり不特定多数の人と接触をしないようにするといいです。